結婚前の転職におすすめの職種を紹介!将来のために働きやすい仕事に就こう!

結婚前の転職におすすめの職種を紹介!将来のために働きやすい仕事に就こう!
円満のコツ

結婚や妊娠、子育てなど、結婚を機にライフスタイルが変化しやすいのは男性よりも女性です。
そのため、「結婚したら働けなくなるのかな…」「子どもが生まれたらどうなるのだろう」と不安を感じる女性は多いでしょう。
職種によっては、結婚前と同じように仕事をすることが難しいこともあります。
結婚後も働きやすい仕事とは、いったいどんなものがあるのでしょうか。

結婚前の転職におすすめの職種が知りたい!

結婚前の転職におすすめの職種が知りたい!

女性の社会進出が高まったことで、「寿退社後は専業主婦に」という時代は過ぎ、結婚しても仕事をする女性が増えています。
しかし、毎日8時間以上働いたうえで家事も両立させるのはなかなか難しいのも事実です。
そもそも結婚後の仕事と家事の両立について、現代の女性はどう思っているのでしょうか。
実際のアンケートをみていきましょう。

結婚後に働きたい女性の割合

エン・ジャパン株式会社が運営する、正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』が女性を対象におこなったアンケートによると、「結婚・出産と仕事について、どんな希望を持っているか?」との質問に対し、68%の女性が「結婚・出産後も継続して働く」と回答していることがわかりました。
一方で、仕事を辞める派は23%と少なく、結婚や出産後も働きたいという女性が多いことがわかります。
結婚後に仕事をしている女性はいるの?と不安になっている人にとっては心強い数字ですね。

出典元
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3428.html

結婚後に働くのは大変?転職を考えた方がいい?

結婚を機に仕事を辞めてブランクができてしまうと、正社員としてはなかなか仕事復帰できない傾向にあります。
ましてや、結婚前と同じ金額の給料がもらえる職場を見つけるなんて大変です。
とくに、最先端の技術を必要とする仕事だと、いくら専門的な技術を持っていても、時代そのものについていけないことも。
また、正社員として働きつつ、結婚したいと言う人は、結婚前に不安な点について考えておきましょう。
たとえば、
・残業が多いか少ないか
・定時で帰りやすいか
・育児への理解があるか
など。
「結婚後は今の仕事だと難しいかも」と思ったら、結婚や妊娠前に不安点を解消できそうな職種に転職しておくことも考えておきましょう。

結婚前に転職したいと思う女性におすすめの職種

結婚前に転職したいと思う女性におすすめの職種

それでは、実際にどのような職種が結婚後も仕事と家事を両立しやすいのでしょうか。
ここからは、
・女性ならではのセンス
・職場の理解がある
・在宅ワークなど働き方に多様性がある
という点に注目して、結婚を考える女性におすすめの職種について紹介します。

結婚前に転職するならWEBデザイナー

WEBデザイナーとは、企業のHPなどのWEBサイトのデザインをする仕事です。
・一般業務職に比べて給料が高い
・技術が身に付く
としてWEBデザイナーは近年人気が高まっています。
仕事の分野は広く、最近では女性向けのサービスに焦点を当てる企業も多いため、女性ならではの細かい視点や感性、コミュニケーション能力などが求められることも。
女性WEBデザイナーの需要はますます高まることでしょう。
また、スキルさえあれば在宅ワークも可能なので、育児との両立をしたいという女性におすすめです。
Webデザイナーについて詳しく知りたい方は、以下の記事で説明していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性でも活躍できるエンジニア

多くの企業が現在利用している業務システムやWEBアプリなど、ITサービスを支えるのがエンジニアです。
実力主義の傾向が強いので、スキルや経験があるなら男女関係ありません。
さらに近年はITの進歩スピードに対して人材が不足しており、未経験OKの求人を出す企業も多いので、未経験の女性も活躍できるチャンスです。
また、スキルを磨くことでフリーランスとして活躍できるので、時間にとらわれず仕事を続けられるのも魅力のひとつ。
最近は、スマホ関連のアプリ開発が注目されており、今後さらに需要が高まっていくのは間違いないでしょう。
エンジニアに興味がある方は以下の記事で詳しく説明していますので、見てみてくださいね。

転職先としておすすめなライター

ライターは依頼された内容に沿って取材や資料を集めて雑誌や書籍、フリーペーパーなどに記事を書く仕事です。
なかには執筆だけでなく、編集業務を担うこともあり、専用ソフトのスキルや知識が必要となることも。
活躍の場はとても幅広く、企業に所属したり、フリーランスとして依頼を受けたり、と働き方もさまざまです。
「紙面でのライターはちょっとハードルが高そう」という方はWEBライターという手もあります。
WEBライターになるためには、クラウドソーシングに登録しますが、最近ではライター専門のサイトもあるので仕事を探しやすいでしょう。
フリーランスでWEBライターをする場合は、ネット環境とパソコンさえあればどこでも仕事ができるので、結婚後も無理なく続けられます。

結婚前に転職するなら事務・経理

企業のオフィス内での電話や、来客対応、書類の作成が主な仕事である事務、経理。
このほか事務なら、郵便物の仕分けや発送、備品の管理など。
経理なら、日々の入金の管理や財務諸表の作成、月次・年次の決算業務等があります。
基本的に座ってできる仕事なので、産後の体力に自信のない人でも対応できます。
また、土日休みも多く、残業がない職場が多いので、家事との両立もしやすく、結婚後も働きたい女性に強い味方です。
事務職について詳しく知りたい方は以下の記事で説明しています!

多様な働き方ができるコーディネーター

フラワーやインテリア、ブライダルやウェディングなど、様々なサービスをコーディネートするのがコーディネーターです。
女性ならではの感性が求められることが多い仕事です。
また、結婚や出産を経験することで、よりお客さまの気持ちを汲み取ったコーディネートをすることができるようになるのは大きなメリットです。
なかでも、インテリアやフラワーコーディネーターは実力次第でチャンスに恵まれやすく、フリーランスとして独立・開業する道もあります。
多様な働き方があり、自分のライフスタイルに合わせて働きやすい仕事です。

結婚前の転職におすすめイラストレーター

イラストレーターの仕事は依頼にあったイラストを描くというものです。
対象はゲームのキャラ本の挿絵、ポスターやチラシなど様々。
イラストのうまさやタッチに男女の差があるわけではないので、実力さえあればチャンスを掴み取れる仕事です。
むしろ、結婚や妊娠、育児などの経験からより表現力や発想力が増すことも。
そのため、妊娠や子育てなどで感じたことをイラストや絵本の挿絵に表現するなど、結婚後もさらに自分が表現する場を広げる人も少なくありません。
多くの人がフリーランスのため、たとえ夫の転勤や引っ越しをしても続けられます。
また、在宅でも問題なく仕事できるため、出産後や育児中にも仕事を再開しやすいという安心感もあります。
プライベートと調節しながら仕事ができるので、結婚後も無理なく自分のペースで続けられます。

おわりに
おすすめの職種を知って結婚前に転職しよう!

「結婚」はライフスタイルが大きく変わるタイミングであり、自分の働き方について見直すチャンスです。
結婚後もスムーズに働くためにも、結婚前にキャリアプランを見直しておきましょう。
とくに、「手に職をつける」ことで、再就職探しも有利になるだけでなく、独立すれば自分のペースで仕事を続けることもできます。
今回ご紹介した職業の中から気になるものがある場合は、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

結婚を考えている女性にとって、結婚相手を見極めることはとても重要なこと。
幸せになれる結婚相手の見極め方や素敵な結婚を手に入れることができる女性の特徴を紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

arisa

3,179 views

幸せな結婚をする方法など、結婚に関する記事を執筆しています。彼との結婚を考えている女性は、ぜひプロフィールをチェックしてみてくださいね。

プロフィール

関連記事一覧